人生とは?

映画やビジネスを通して人生の真意を見つけるブログです

世の中はグレイが9割(映画:American Factory)

みなさんこんにちわ^^

 

世界にいる一人一人、それぞれの正義を持っている。

 

一人一人自分で何が正義か、何が正しいか、何が間違っているか、

 

好き勝手決めているので、

 

世の中としては、これが正しい、これが間違っている、と白黒ハッキリ

 

言えることが出来ない事がとてもたくさんある。

 

一概には言えない事が多い。

 

意味付けって自由に出来るし、意味付けしているのは一人一人。

 

朝ご飯を食べるのが正しいって思っている人もいるし、

 

朝食べるとぼーっとするから、朝食べない方がいいって人もいるかもしれない。

 

朝ご飯を食べるという行為自体一つとっても、色んな意味付けが出来る。

 

毎日同じ仕事をコツコツやっていくのが成功への道と信じる人もいるし、

 

毎日同じことやっててもあまり成長しないから意味がないと信じる人もいる。

 

世の9割の事はハッキリと白黒つけれない。

 

そして、それを知ったうえで、グレイを受け容れるという事が、

 

世の中を客観的に見る上で必要なことだと思う。

 

f:id:dr50cent:20200213144529j:plain

 

今まで、アカデミー賞って、作品賞・主演男優賞・主演女優賞・助演男優賞助演女優賞脚本賞

 

を主に注目してきたけど、(人気の映画ってだいたいこれらの賞に絡んでいるし)

 

でも、他にもたくさん賞がありますよね。

 

今回のアカデミー賞とった作品観ようとNetflix探したけど、

 

パラサイトもまだみたいだし、JudyやBombshellもなくて、

 

そんななかで長編ドキュメンタリー映画賞(Academy Award for Best Documentary Feature)

 

に選ばれた「American Factory」を見つけたので、

 

あまりドキュメンタリーってみないけど、見てみました。

 

結果、世の中の見方が変わりました。

 

映画の中には色んな立場の人が出てきます。

 

簡単に説明すると、

 

アメリカのオハイオ州で、General Motersの工場がつぶれて、

 

沢山の人が職を失って、そこに新たに中国のガラスメーカーのFuyaoが工場を作る。

 

その3年くらいの過程を、中国のCEO、工場を任されたアメリカ人幹部、

 

工場内で働く中国人、新たに雇われたアメリカ人、それぞれの視点を

 

あるがままに撮影している。

 

みんなそれぞれ、こうしたい、ということがあって、

 

それがぶつかったりしてるけど、だれもが己の正義に沿って行動していて、

 

誰が正解とか誰が良い人誰が悪い人って、僕は意味付けができなかった。

 

世の中って白と黒が混在した果てしなくグレイな場所だって思える映画で、

 

とても引き込まれる内容でした。

 


American Factory | Official Trailer | Netflix

最後までお読み頂きありがとうございます☆